おはようございます。
お越しいただき、ありがとうございます^^

最近読んでいる「潜在意識が答えを知っている!」という本に、

  忘れるのは才能 と書いてありました。

人間は、成功するようにできており、失敗したことを忘れ、成功事例だけを覚えているからこそいろんなことが身についている。

ところが上手くいかない事例だけに注目してしまうと、ものごとが上手く回らない・・・

そりゃそうですよね。

私は「人間は、成功するようにできている」という部分がとても気に入りました^^

そして、忘れるのは才能・・・

夜、友人たちとの飲み会に 夫婦で参加しました。

そこで、「忘れる」ということについて話題があがって、

  「帰りに なにかを買ってきてって頼まれても、すぐ忘れちゃうんだ」
  「作ってもらったお弁当を忘れて、怒られちゃった」

  「買ってきてってお願いしたのに、相手が忘れたら 腹が立つ!!」
  「せっかく作ったお弁当を忘れられたら、もう激怒だよ!!!」

そんな会話を聞いていた夫が、

  「俺もお弁当忘れたことあるよね」

  「えぇっ、そんなことあったっけ?あったかな?あったかも!?」

いや~、忘れるって才能かも!!!(笑)

たぶん、そもそも腹が立たなかったんだと思うんです。(記憶にないから推測だけど。笑)

そこで思ったこと。

  パートナーや友人が 自分との約束や会話を忘れた時に 腹が立つのは、そのパートナーが問題なんじゃなく、

  「自分が大切にされていない」
  「大切にされないのは自分に価値がないからだ」

などという、いつのころからか自分に根付いている 『思い込み』『観念』が大きく関係しています。 それこそ、過去にあった「上手くいかなかった事例」に振り回されちゃってる状態なんです。

私も以前、それ、持ってました!!!
メッチャ怒ってました!!!(笑)

それから抜けるには、怒りが湧いたとき 自分がなにに腹を立てているのか 客観的にみる練習が効果的です。 感情が揺れるたびに、その感情を見てみる。

その時に無理なら、後からでもいいので、
自分を責めるでもなく、ただ、なにに反応したのかを見てみる。
そんなことを習慣づけて、本当に怒りに振り回されることが無くなりました。

夫が みんなに ひとこと。
  「俺たちは、相手が忘れたかどうかより、お互いの居心地を優先してるんだよ。」

わぉ!!! その通り!!!

忘れる、バンザイです~ ヽ(^o^)丿

今日のハッと☆
  忘れたことで、自分を、相手を、責めていませんか?

潜在意識が答えを知っている!ポケット版/きこ書房
¥1,188
Amazon.co.jp

ペタしてね
読者登録してね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事