こんにちは。
お越しいただき、ありがとうございます^^

私は、日ごろから「正直である」ことを大切にしています。

中でも大事にしてるのが、【自分に対して】正直であること。

自分の中に「ある」気持ちや感情を、「ない」ことにしない。

これってちょっと慣れが必要です。

私たちは子供のころから、「人に迷惑かけちゃいけません」と教えられて育ちます。

「いいこにしてね」と言われて育ちます。

  人に迷惑をかけてはならない

  いいこにしてなければいけない(価値がない)

  怒るのは悪いことだ

  嫌な感情を持つのは悪いことだ

いつしか、そんな価値観(観念)ができあがっていて、自動反応で「不都合」な感情はないことにしてしまう。

私もそうでした。

でも、本当は「ある」気持ちを 見て見ぬふりをして「ない」ことにしてしまうと、どんどん自分がなにを感じているのか、なにをしたいのか、なにが欲しいのかが分からなくなってしまいます。

そして感情にフタをしつづけると、変なタイミングで漏れ出たり、爆発したりしてしまいます。

または、全く感じられなくなってしまい、虚無感にさいなまれることになります。

混合のパターンもあります。

だから、「もやっ」は 大事なお知らせです。
「イラッ」も「カリッ」も お知らせ。
「なんだか元気が出ない」も お知らせ。

その中身はなにかな~、正直な気持ちはなにかな~ってことなんです。

  「こんなことで、イラッとしてはいけない」

そんなことはありません。

見るべきは、「こんなことで」イラッとした私は なにが嫌だったんだろう、なにが欲しかったんだろう、です。

昨日も書いたけど、夫に元気がありませんでした。

それに対して、私はどんよりした気持ちで いました。

そのどんよりを観察してみました。

  (あ~、私は無力感を感じてるんだ)

その無力感を見てみると、

  (いつも正直に話す私を夫は受け止めて受け容れてくれるのに、私は夫の力になれてない)

  (もっと夫の力になりたいのに、頼ってもらえない)

そんなことを感じていたのでした。

自分の正直な気持ちが分かったところで、夫に打ち明けました。

しばらくして、夫が

  「開示します! 実は、お弁当を作って欲しいって言いづらかったんだ」
  (今朝、急に言われて慌てて作った)

  「それに、ご飯の前なのにカップ麺 食べちゃったんだ」

えええええっ、そんなこと~? (爆笑)

無意識に、「迷惑をかけてはならない」とか、「嫌がるかもしれない」とか、「愚痴を言ってもしょうがない(言われても困るだろうから)」とか、

きっとたくさんの「秘密」があるんでしょう(笑)

でも、夫の んの些細な「秘密」たちが、「一緒に暮らすことの重苦しさ」につながっていたんです。

恐ろしい~!!!

気遣いのための「秘密」、良く思われるための「秘密」、嫌われないための「秘密」、仲良くするため「秘密」。

ハッ! 「秘密」の目的は いつも、きっと近づくエネルギーだ!!

それなのに、「秘密」が多ければ多いほど、離れるエネルギーになっちゃうんだ!!

自分にも秘密(気づかないなこともあるんだ!!

それは、「もやっ」や「イラッ」が教えてくれる。 

まず正直であること。 そして、正直でいてもらえるように 私も夫のように受け取り力、受け容れ力を磨いていきたいと思います^^

今日のハッと☆
  その「秘密」、本来の目的を達成していますか?

ペタしてね
読者登録してね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事