ハッと☆ハッピーよしこです。
お越しいただき、ありがとうございます^^

初めてシメサバを作った時のこと。

夫が、「実はさ、苦手意識があるんだよね。 でも食べれば大丈夫なんだけど。 美味しいんだけど・・・」

サバやイワシの缶詰を、ヘビーに消費している夫なので、てっきり好きだと思ってたのに・・・
苦手意識があると言われて、残念な気持ちに。

まぁ、これだけなら今後作らないだけの話なんですが、私の実家は酢でしめた青魚が大好きなんです。 私たちが遊びに行くことになっていた早朝、父親が張り切って魚市場に出かけ、いろんな魚で もてなしてくれ、帰りに酢締めにするように下ごしらえした青魚をくれました。

「まぁ、食べればおいしいって言ってたし、大丈夫だよね」と喜んでもらって帰ったものの、いざ食べるとなった時にやっぱりテンションが下がっている様子の夫。

また聞いてみると「やっぱり苦手意識があるんだよね。 でも食べれば大丈夫なんだけど。 美味しいんだけど・・・」

なんだかモヤッとしました。

  表現が曖昧だから、本当は出してほしくないんじゃないか
  苦手って言ってるのに食卓に出してる私は酷いんじゃないか
  苦手って言ってるのに出すなよって思われてる気がする
  出してほしくないなら、そう言ってくれればスッキリするのに
  嫌いなら嫌いって言ってくれれば、実家にも伝えておくのに・・・
  でもお父さんをガッカリさせるのはかわいそう・・・

頭の中がゴチャゴチャいろんな感情で大渋滞。

そのゴチャゴチャのまま、お風呂に入りました。

いつも夫はたくさんの泡で顔を洗い、目が痛いからなのか「蛇口をひねって」というので、私はまたカリッとして「自分でやって」と言ったところ、逆に夫が少しムっとした様子で。

どうやら、ずいぶん前に、夫が泡だらけの手で蛇口をひねって、そのあと洗い流さないのをみて、私が「(洗い流さないくらいなら)私に頼めばいいじゃん!」と言ったらしく・・・

えっと、夫は超泡を立てて顔を洗うのですが、目を開くと痛いし、手探りで蛇口を探して洗い流すと忘れてしまうそうなんです。(というか、洗い流さなきゃいけない概念がないらしい・・・)

私は肌が弱かった為、泡の洗い残しがあるとその部分がダメージになることが何度もあったので、洗い残しが無いように習慣づいているんです。

なので、怒ったと言うよりは、びっくりして私が蛇口をひねるという提案をしたことを思い出しました。

そんな話をすると、夫は、「なるほどね。 女性が肌の弱い人が多いんだよね。 そして男性はお腹が弱い人が多いんだよ。 だから何度もお腹が痛い経験をしてるから、つい過去に辛い経験をしたものには敏感になっちゃうんだよね。」

子供のころ青魚を食べた時にすごく生臭かったことがあって、その後気持ちが悪くなって吐いてしまった。その時の経験から苦手意識は残っているから自分では選ばないんだけど、食べるとおいしい経験は何度もしているし、生臭くなければ美味しいし好きなんだとか。ただ、見ると「おっと」と無意識に反応はしてしまうんだとか。

夫「それに、出してほしくないなら、出してほしくないって言うから!」

ふーむ、なるほど。
そういえば、私も子供のころに吐いちゃったもので、食べるとおいしいけど自分では選ばないものがあるぞ!

取り越し苦労。 

これって、自分が真っ最中にいるときはなかなか気づけないんだけど、いろんなことを言えなくてゴチャゴチャ考えてるを見ると、「もっと早い段階で言っちゃえばラクなのにね~」とか思ってたりします。

カリッと来た時の私のパターンとして、

  ①相手の事情も考えようとする。
  ものわかりのいい人になろうとする。(子供のころの、いい子でいようとする自動反応)
  ②でも自分の感情や言い訳も浮かんで、渋滞を起こす。
  ③でも、感情を押さえこむのはいいことにならないと知ってるので、どうして自分の感情が湧きおこっているのかを整理する。
  ④整理できた感情を伝えて、お互いの思いを(批判・否定なく)出し合う
  ⑤お互いの事情が分かる

こんなことをしていますが、夫も私のパターンを分かってきたのか数日前は、③の途中くらいで「なんだか、イライラが伝わってくるけど、なにを感じてるの?」と聞いてくれました(笑)

これが、超いい! 話がはやい!!

聞いてくれた時点で、「気遣ってくれた」と 半分くらい解決!(笑)

聞いてくれたことで切り出さなくてもスムーズに、「私の中にこんな感情や思いが湧きおこってくるんだよ」と伝えることができ、これでほぼ解決!(笑)

あとは、夫の思いを聞いて、完全解決!

ポイントは、責めたり怒りながら聞くのではなく、
「仲を深めたいんだけど」という本音を元に「分からないから何が起きてるのか教えて」と聞くこと。

そして、伝えるときも責めるでも怒るでもなく、起きていることを伝えること。
「~な部分に、こういう気持ちが湧いて怒りを感じたんだよね。」とか。

いや~、私たちのコミュニケーション方法がまた深まりました!

多分前は怖くて聞けなかったんだろうね(笑)
ごめんね(笑)

今日もいい日です。ありがとうございます♡


ブログ村 ライフスタイルブログ
ランキングに参加しています。 ポチっとしていただけると励みになります

読者登録してね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事