こんばんは♪
【ゆるふわ幸せ夫婦】リュウとよしこ
よしこです(o^^o)

今日もお越しいただき、ありがとうございます!

本題です(笑)
20代後半、30代、30代後半と年を重ねていくと、いろんな場面でいろんな人に(特に両親、親せき、職場とか)

早く結婚しなさいっ!

って言われませんか?

私ももちろん経験ありますが、一番印象的だったのが、私が39歳の時。

当時の私は、恋愛は全然上手く行かなくて、でも30代後半から「やっぱり結婚しておかないとヤバイんじゃないか」と婚活的もがんばってみたけど、結局お付き合いはしてみても、結婚を意識すればするほどガマンや嫌な思いをしたり、自分を押し殺して自分の良さがどこにもなくなってしまったような気持ちにもなったりして、とても苦しい思いをした のにもかかわらず、フラれたのを機に、

「あ~、もう結婚に向かうのやーめた」

って、生きようと し始めた矢先。

それは結婚をあきらめたというよりも、結婚を目標にしてたところで、いい人(合う人)にはなかなか出会えないし、どんどん自分にダメ出ししていくし、人生を悲観していくし、
そんなことしてるよりも、自分磨きしながら楽しくいた方がよーっぽどいい!それで、出会う必要があれば出会うでしょ

と、当時の私なりに、「まず自分ありき」の人生を送ってみようと、すんなり思えている矢先。

そんな自分にワクワクしてさえいたので、数回会ったくらいの再婚したばかりの女性と飲んでるときに話すと、

ものすごい剣幕で

 そんなのはダメよっ
早く結婚した方がいい
今すぐなんとかした方がいい
30代のうちになんとかしとかないと、もうなんともならない
40歳になった途端に、誰からも声がかからなくなった人をたくさん知ってるんだから!!!

と言われ私の想いは全否定、いくら私の価値観や体験を話したり、どんなに話を変えようとしても、


延々と
説得 し続けられたことがあるんです

その時の体験がかなり印象的で、そういうのってなんなんだろう?ってずっと思ってたんです。

両親が言うのは、両親が不安だから。

心配するのは、不安だから。

なんだか子どもの人生をなんとかしてやらなきゃいけない気がして

おとなになった子どもの人生の責任も取らないといけないと思ってて

子どもは子どもで自分でしか自分の人生の責任は取れないのに

代わりになんとかしてやらないといけないって、子どもが小さい頃の延長で反応してしまうから。

それはね、わかるんですよ。

でも、どうして関係ない人がそんなに説得したいほどのエネルギーを使って言うのかなぁ?って不思議だったんです。

人に影響を与えて自己重要感を満たしたいのかなぁ?って。???

そんな過去の話が、私たちが実感しているパートナーシップについて、どうしたらより分かりやすく伝えられるかと、夫のリュウと日々話し合う中で、時折出ていたんです。

すると日頃から、様々な手段で学び続けているリュウが教えてくれたんです。

リュウが最近読んだメルマガの中で、『【結婚しなさいっ!】って押し付けてくる人こそが、自分の結婚生活が苦しいから、押し付けざるを得ない』と書いてあったんだそうです。

解説は無かったそうですが(笑)

それを聞いて、

「ん?自分が苦しいと、なんで勧めるの?」ってよく分からなかったので、リュウに聞いてみました。

「自分が苦しくて不安だと、仲間が増えるとちょっと安心なんじゃない?」

ふむ、なるほど。

「あと、自分の結婚生活は幸せだって思いたいっていうのもあるんじゃない?」

ふーむ。なるほど。

そういえば、私たち、「絶対結婚した方がいい!!!」っていうテンションにはならないよねって。

結婚はオススメだけど、それはピッタリのパートナーだからこそで、その相手を見つけることこそがとても大切で、そのためには自分が自分らしくいられることが必要で、それには自分が自分のことを好きで信頼していることが重要。

そう、私たち、とくに私が絶対的に伝えたいのはソコ。

自分が自分のことを大好きで信頼している、幸せ上手。

結婚やパートナーシップは、そのベースがあるからこそ、1+1>2であり、∞になる。

私が独身の頃から、繰り返し「結婚した方がいい」と伝えてくれて、でも当時から結婚生活にかなり不満や憤りを感じて旦那さんにぶつけていた方がいるんだけど、

つい最近も、目の前で旦那さんをネチネチ責めてた数分後に「職場の子に、結婚するようにメッチャ勧めたわ~」と言うんですよ。


これが、本当に不可解だったけど、リュウの仮説による理由なら、ちょっと納得かも。

いえね、その方も、絶対的に「結婚のいい部分」は感じてるからからこそのお勧めではあるんだと思うだけど、圧倒的な不安や不満はおざなりにしたまま、イラつく、威圧する、押し付けるという形になっている。

いやいや、「おざなり」にしているのではなく、きっと、よりよいコミュニケーションを取る方法が分からないだけなんだろうなぁ

そんなことを思いながらも、「役割」が無い時に、こちらから働きかけ過ぎるのも受け取れないよね~

と、毎回彼女と接するたびにグルグルする私

きっと、すべての人に最善のタイミングで最善ことが起きる。

そう信じて、今日も活動するのです。

元気のない時ほど、
「今日も、なんかいいことあった?」って、私の思考を切り替えてくれるリュウにとても感謝です

今日も幸せ♡
ありがとうございます(*^^*)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事